強豪校の強さの秘密はこれ!

▼今すぐ詳細を見たい方は、以下のバナーをクリック▼

卓球レシーブ攻略プログラムDVDを購入してレビューします!

このサイトは、滝川第二高校卓球部監督 松尾政英監修・指導の卓球レシーブ攻略プログラムDVD2枚組を購入して、レビュー、口コミしています。

 

卓球のレシーブに特化した商品がないので、レシーブが上手く出来ない選手や子供にどのように教えたらいいのか悩む指導者の方や親御さんも多いのではないかと思います。
ということで、中学校、高校と卓球をしていた僕が卓球レシーブ攻略プログラムの内容をまとめましたので参考にしてくださいね。

 

 

卓球の強豪校のレシーブ戦略とは?

僕は中学・高校の部活動で卓球をしていました。
ですが、試合にはなかなか勝てなかったです。ある程度基礎はできていたと思うんですけど、やはりレシーブが上手く出来ませんでした。

 

 

卓球の試合では、自分が待っているところにはボールはこないので、ボールに素早く反応して、対応しなければいけません。
更に、ボールの回転を見極めて、回転の仕方に合わせた打ち方しなければいけないと思うんですけど、それができていなかったように思います。
特に卓球は至近距離で打ち合うので、一瞬の反応、判断が大切になりますからね。

 

 

そういった意味で、レシーブってその選手の総合力が出るんだと思います。
なので、試合で勝てる選手になるには、サービスはもちろん、レシーブからの得意なパターンをたくさん持つことが大事になるんだと思います。

 

 

やはり基本技術が出来るようになってきても、試合に勝てるとは限らないということは身にしみて体験しました。

 

 

僕のようにレシーブが上手く出来ないなら、ボールに下回転かけて返球するツッツキや、台上のボールを打つフリック、シュート回転系の柔らかいボールを相手のコーナーに返すながし、更にはネット際に小さく止めて打つストップで相手の意表をついて相手の体勢を崩してチャンスを作るなども必要になるかと。

 

 

ただ、返球が高くなると逆にピンチになりますし、高く上がらないように打とうとしぎるとネットにボールを引っかけてしまいます。
一見簡単に見えるんですけど、絶妙なボールタッチの技術が求めれるかな。

 

 

更に、現代の卓球でレシーブの時に使われる打法として主流になっいるのがチキーターだと思います。
強い横回転をかけて返球する技術になるので、レシーブから攻撃がしかけれますからね。

 

 

なので、どのような状況で、どの技術をどうやって使うのか、作戦(戦術)を立てることが重要になるんだと思います。
強豪校の選手はそれが出来ていますから、自分より格上の選手と対等に戦うには、レシーブ力をアップすることが欠かせないでしょう。

 

サービスから3球目攻撃にどう備える?

卓球は点を取り合うスポーツなので、先に攻撃を仕掛けたほうがポイントを取りやすいと思うんですけど、一番攻撃しかけるチャンスがあるのが3球目でしょう。
というのも、サービスを打つ時が最もボールに変化をつけれれますから。

 

バウンドでの判断

 

で、回転やコースの変化などにサービスによって相手を崩して、甘いレシーブを誘って3球目攻撃を仕掛けるわけです。
逆に相手がそのように攻めてきたら、3球目攻撃にどう備えるかが大切になり、それを攻略できれば、試合を断然有利に展開できますね。

 

 

また、サービスの種類には、上・下系の回転、長短の長さ、左右のコースの判断が必要になります。
相手のレベルにもよりますが、低ければインパクトの瞬間ではなく、インパクト前に判断できますね。

 

 

いずれにしても、相手のサービスをどうやって返すか、どのようにしてラリーへと持ち込むのかでしょう。
特に初心者の場合は、返球自体ができなくなるので、そのあたりの指導が難しいのでしょうね。

 

ということで、卓球レシーブ攻略プログラムを購入してみましたよ。

 

卓球レシーブ攻略プログラムDVDの内容(中身)

 

この卓球レシーブ攻略プログラムの内容は、兵庫県の卓球インターハイ常連校の強豪校である滝川第二高校の松尾政英監督による卓球のレシーブに特化したDVD教材になっています。

 

松尾政英先生って?

神戸市にある滝川第二高校は、兵庫県のトップを争う卓球の強豪校で、その卓球部監督である

松尾政英先生の指導は定評があり、地元兵庫で開催されるインターハイ出場は2018年の時点で21年連続です。
練習は時期にもよるが授業がある日は3時間ほど。休日でも5時間半ほど。
規定の練習後の自主練習の方を重要視されているようです。
兵庫県大会、近畿大会でも団体、個人ともに優勝は数多くあり、2018年にはインターハイにてベスト4にも入っています。
(引用元:訪問レポート 滝川第二高校(兵庫県) - ニッタク)

 

卓球で一番難しいのがレシーブだと思うので、このDVD教材は、初心者からでも様々なサーブの上手な処理の仕方が身につけられますよ。
以下が、DVDの中身です。

 

中身

 

DVD1
レシーブの構え方
ステップの実践
応用練習
サービスの種類と判断
・相手の動作での判断
・ラケットの向きでの判断
・バウンドでの判断
・ナックルサービスの判断
・ショート、ロングサービス&コースを判断

 

DVD2
様々なサービスの対処法
■様々なサービスの処理@:下・上回転
@下回転ショートサービスに対してストップレシーブ
A下回転ショートサービスに対してツッキレシーブ
B下回転ショートサービスに対してはらうレシーブ(2種類)
C上回転ショートサービスに対してはらうレシーブ

 

■様々なサービスの処理A:横下回転・横上回転
■様々なサービスの処理B:横下・横上回転/長・短
@AB横下回転(右利き)のショート・ロングサービス
CDE横下回転(左利き)のショート・ロングサービス
F横上回転のロングサービス
G分からない回転のサービス

 

ハードな練習内容ではなく、相手のサーブを読んで判断できるようになることで、確実に自分に有利になるように返球力を向上させる練習法なので、年齢を問わず取り組むことが可能です。
DVDの映像も高画質なので見にくいというところは一切ありませんでした。

 

 

何より、私が知る限り卓球のレシーブだけに特化した教材はないですからね。
市販本でも探してみたことがあるんですけど、やっぱりありませんでした。
ユーチューブなど、ネットどで情報を探しても、ありきたりのことばかりですから・・・。

 

 

特に良かったのは、様々なサービスの対処法です。
フリックやチキータ、ながしなどの質の高いレシーブ技術が不可欠ですからね。

 

 

また、台上にきたボールを打つには、細かステップで台の中に入り、打った後は素早く下がるフットワークも大切です。
足を上手に動かせないと、タイミングよく打つことも出来ないし、色々な打ち方をすることも難しくなります。

 

 

思い通りに足を動かせれば、様々な打ち方出来るようになると思うので、相手に何をするのか読まれずに打球することができますから、そのあたりも詳しく解説してあるのも良かったです。

 

レシーブのコツが学べます!

どんなテクニックなのか、どんな時に使うのか、どう試合に役立つのか具体的に解説してあって、それが上手く出来るようになるための練習方法、その際に気をつけることなど、レシーブのコツが分かります。

 

 

特に重要な技術ポイントなどは、画面の下にテロップも表示されますし、色々なアングルで撮影してあるので足の動きやボールの動きなどもよくわかるので理解しやすかつたです。

 

 

また、自主練でも役立つ練習方法のやり方などが解説してあります。やはりうまい選手はしっかりやっていますから。
更に、格上の選手でも勝てるようになる戦術の解説も良かったですよ。

 

 

私が中学や高校の時にこのDVDがあったら、結果はもっと違ったんだろうなと思います。

この教材のおすすめの方

この教材は卓球の強豪校の試合に勝つレシーブのコツや技術、的確な判断で戦う戦術をDVDでの映像ですぐに実戦出来るように分かりやすくまとめられていますので、

 

・レシーブが下手で上手くなりたい。
・どんな練習をどのくらいやればいいのかわからない。
・毎日同じ練習ばかりをして、なかなか上達しない。
・基本の応用が分からない。
・レシーブから展開を覚えたい。
・余計な失点を減らしたい。
・フットワークなど、足の動きを覚えたい
・試合展開によって戦術を変えられるようにしたい
・得点力をあげたい。
・子供が試合に勝てないので何とかしてあげたい。
・強豪校の選手たちはがどんな練習をしているのか知りたい。
・指導方法に悩んでいる。

 

など、試合に勝ちたい小学・中学・高校の卓球選手、その指導者、親御さんの方におすすめです。

 

レシーブで先手をとり、相手を崩すことが出来れば、形成が有利になることは間違いないと思うので、一度参考にしてみるといいと思いますよ。('ω')ノ
なお、アマゾンや楽天などでも販売されているんですけど、電子書籍販売大手のインフォトップが別途送料540円掛かっても一番安いですよ。僕もここで購入しました。少しでも安いほうがいいですからね。

 

 
What’s New